2018年06月30日

「刈干切唄」

「刈干切唄・都山流K」


「刈干切唄・琴古流」


ふたつとも同じ曲「刈干切唄」を吹いています,同じ流派の中でも、イロイロな吹き方があって、特に決まったものは無い、
歌詞ですが、上記の場合は
「ここの山の かりぼしゃすんだよ 明日は田んぼで稲刈ろかよ」

いやぁ〜〜、民謡は難しい、
深みにハマリ込んだら、もう浮かび上がれないと思う、
posted by 隠居波平 at 15:41| Comment(0) | 尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。