2018年07月13日

「ふるさと・日本」「帰れソレントへ・イタリア」「故郷へ帰りたい・アメリカ」「アニーローリ・イギリス・スコットランド」「恋慕流・古典尺八本曲」「赤とんぼ・夕焼け小焼け・七つの子」

「ふるさと・日本」


「帰れソレントへ・イタリア」


「アニーローリ・イギリス・スコットランド」


「故郷へ帰りたい・アメリカ」


「恋慕流・古典尺八本曲」


「赤とんぼ・夕焼け小焼け・七つの子」

posted by 隠居波平 at 15:34| Comment(0) | 尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

「祖谷の粉ひき唄」「南国土佐を後にして」

「祖谷の粉ひき唄」


「南国土佐を後にして」


「阿波踊り」はイロイロなバージョンがあってどれが「正調阿波踊り」か判定が難しい、それぞれ結構尺八で吹くには難しい、

今年は解散が危ぶまれる中、このまま阿波踊りが衰退して行くのかも、残念ですなぁ〜〜、
って、ことで、阿波踊りに関係ありそうな、無さそうなのをと思い、「祖谷の粉ひき唄」を吹いてみた、
この唄は、阿波踊りの中に取り入れる連もあるらしい、徳島県の民謡で、吉野川の支流・祖谷川に架かるカズラバシを歌ったもの、が、残念ながら、今回吹いたのは、もう民謡の風情から⇒五線譜曲になってしまっとる、

「南国土佐を後にして」は説明不要の演歌ですよね、
最後の締めで吹き損じてしもうた、
posted by 隠居波平 at 14:49| Comment(0) | 尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

「刈干切唄」

「刈干切唄・都山流K」


「刈干切唄・琴古流」


ふたつとも同じ曲「刈干切唄」を吹いています,同じ流派の中でも、イロイロな吹き方があって、特に決まったものは無い、
歌詞ですが、上記の場合は
「ここの山の かりぼしゃすんだよ 明日は田んぼで稲刈ろかよ」

いやぁ〜〜、民謡は難しい、
深みにハマリ込んだら、もう浮かび上がれないと思う、
posted by 隠居波平 at 15:41| Comment(0) | 尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

「江差追分」「昭和ノスタリジー」

「江差追分」

コレを歌って居られるのを動画で視聴した、添い吹き出来そうな気がして吹いてみた、
出来れば歌をカラオケ式に取り込み合わせ吹きたいが、キット顰蹙を買うことになる、
純粋に、尺八曲として素吹きしてみた、


「昭和ノスタリジー」

歌手・氷川きよし氏が歌って居られる、
昭和カァ〜、そんな時代があったですなぁ〜〜〜、

posted by 隠居波平 at 16:47| Comment(0) | 尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする